トップ

アトピーとアレルギー

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎の特徴的な症状

待望の赤ちゃんが産まれて愛おしくて仕方がない反面、赤ちゃんの肌に赤いプツプツとした湿疹ができてなかなか治らないと心配して悩んでいるお母さんも少なくないかもしれません。赤ちゃんの中には乳児期早期の生後1‐2ヶ月頃から頭部や顔面に湿疹が現れるようなる子もいます。
幼児湿疹が続き、アトピー性皮膚炎と診断されることもあるでしょう。
かわいい赤ちゃんが痒がったり、皮膚が荒れてしまったりしているのを見て心を痛めているお母さんのために、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎とは何かについてご説明致します。
赤ちゃんのアトピーにお悩みの方におすすめ情報サイト。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は原因や症状が大人のアトピー性皮膚炎とは異なります。赤ちゃんのアトピーの原因は、解明されていないところも多いですが、免疫のバランスがまだ不安定であることが大きく関係しているようです。そのため、成長と共に症状がなくなる、あるいは軽減されることがほとんどといわれています。これが大人のアトピーとの大きな違いです。

赤ちゃんのアトピーは始めに頭部や顔面に湿疹が現れますが、次第に耳やひじ、ひざの裏などの関節部にも強い痒みを伴う湿疹が現れるようになります。
また、症状の現れ方の特徴として、良くなったり悪くなったりを繰り返します。皮膚科や小児科などの病院を受診して、薬を飲ませたり、塗布したりしても症状が2ヶ月以上続くようであれば、食物アレルギーが合併していないかどうかを疑ってみるようにしましょう。

食物アレルギーがアトピーの原因となることはありませんが、アトピーが食物アレルギーの原因となることがあります。食物アレルギーが疑われる時は、速やかに医師に相談するようにしましょう。

Copyright © 赤ちゃんのアトピー性皮膚炎とは. All rights reserved.